【2019年歴代まとめ】ドラえもんのおすすめ映画ランキング25選!

国民的アニメと言えばドラえもん。そんなドラえもんは映画もとても有名ですよね!笑いあり涙ありで、子どもはもちろんむしろ大人になってからこそ見てほしいストーリーばかりなんです。

声優さんが変わる前の歴代ドラえもん映画は全部で25本あるのですが、ほとんど台詞と歌を覚えるまで見たドラえもん好きな私。

今回はそんな私がおすすめのドラえもん映画を順番に紹介していきたいと思います。

ドラえもんの映画歴代25本のおすすめランキング!

ドラえもん映画は本当に様々なことがテーマになっていて、子どもだけではなく大人が見ても感動するストーリーばかりです。とにかく奥が深すぎるドラえもん映画、見ないと損しますよ!

ストーリーはもちろんですが、ドラえもんの映画は挿入歌が良いものばかりなのでそちらも要チェックです♪

個人的に、2005年から声優さんや絵のタッチが完全に変わったためあまり好きになれず、最新作は見ていません。

なのでここでは2004年までに公開されている映画のおすすめを紹介していきたいと思います!

今回は25本もあるので、かなり辛口評価をつけてランキングにしていますが、ドラえもん映画は本当に順位を決められないくらいどれも素晴らしいものばかりです。もし、お時間があればぜひ全部制覇してみてくださいね!それでは順位発表をしていきます!

ランキング魔法を使って世界を救う!ドラえもん のび太の魔界大冒険

作品名 ドラえもん のび太の魔界大冒険
放映年 1984年
泣き度 1.0 1.0
感動度 1.0 1.0
ホラー度 3.0 3.0
また見たくなる度 1.0 1.0
のび太の魔界大冒険のあらすじ
日々勉強ばかりで楽がしたいと考えていたのび太はある日、魔法使いになる夢を見る。ドラえもんたちに馬鹿にされつつも、「もしもボックス」という道具を使って魔法の世界にしてしまう。

しかし魔法の世界でも勉強や努力などが必要だと知ったのび太は元の現実世界に戻そうとするが、簡単な魔法すら使えないことをジャイアンたちに馬鹿にされたのび太は簡単な魔法を使えるようになるまで元の世界に戻さないと決意する。

そんな中、魔法世界に大きな地震が起こりそれが魔界接近説という満月博士が言っている仮設と関係していることを知る。ある日その満月博士と出会ったのび太は、魔界の悪魔が地球の侵略をしようとしており、このままだと人類が滅びてしまうということを聞かされる。

これを聞いたドラえもんたちは急いで現実世界に戻そうとするが、なんと「もしもボックス」はママによって捨てられてしまっておりお互いに責任を押し付けあった結果、喧嘩になってしまう。

そのあと仲直りした二人は満月博士のところへ向かうが姿はなく、そこには悪魔の魔法によって猫の姿に変えられてしまった娘の美夜子だけだった。

月の光を浴びているときにだけ人間の姿に戻ることができる美夜子は、2人に一緒に魔界へ乗り込むようにお願いするがなかなか気が乗らない。

しかし美夜子から魔王を倒す勇士はドラえもん・のび太・ジャイアン・スネ夫・しずかちゃんの五人だと聞かされ、意を決して大魔王デマオンを倒すため魔界に乗り込む。

ドラえもんたちは魔王を倒し、地球を救うことができるのか?

のび太の魔界大冒険見た私の口コミ

実はこの映画、ジャイアンたち三人の出番があまりないんです。なので私はあまり見ていないというのが正直なところ(笑)といっても3回くらいは見ているのですが、内容がちょっと怖いという印象です。

ちょっとしたネタバレになっちゃいますが、映画のはじめにドラえもんとのび太の石像が出てきます。もちろんその謎は最後に解き明かされますが、それが怖いのなんのって(笑)

しかも途中でもしもボックスはなくなって、怖くても元の世界には帰れないし、やたら恐怖感があります。ドラえもんの中では初めて途中に嘘のエンディングがあり、それも注目してほしいポイント!

ドラえもんとのび太、2人の活躍がメインに見たい人にはおすすめのストーリーです♪

のび太の魔界大冒険見た人の口コミ

のび太たちが神様に?ドラえもん のび太の創世日記

作品名 ドラえもん のび太の創世日記
放映年 1995年
泣き度 1.0 1.0
感動度 2.0 2.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 1.0 1.0
のび太の創世日記のあらすじ
春休みの自由研究の宿題に行き詰っていたのび太は、ジャイアンたちとドラえもんの「創世セット」を使って、惑星や地球の歴史を観察することに。

ジャイアントスネ夫がサボっている間に自由研究を進めるドラえもんたちだったが、創った世界でのび太が虫刺されだと思っていた傷が小さな矢だったことが分かる。

なんと、そこは昆虫人たちが住む世界だった。一方、ジャイアンとスネ夫が何者かにさらわれてしまう。

果たしてのび太が創った世界で何が起こっているのか?二人を助け出すことができるのか?

のび太の創世日記を見た私の口コミ

この映画は正直気持ち悪い!虫嫌いの私は思わず目を覆ってしまうシーンが多かったです…(笑)もう一つの全く異なる地球が存在するというSF映画ですね。たしかに面白いのですが、虫嫌いの人にはおすすめできません。

途中ジャイアンが昆虫人に襲われたりするシーンもあって、現実の地球と交差する部分が描かれています。実際に謎に包まれている「地球空洞説」とかけているお話しなので、まさに大人の夢が詰め込まれている感じ!

虫があまり好きではない人はちょっと注意しながら見てみてくださいね(笑)

のび太の創世日記を見た人の口コミ

 

時空を超えた大冒険!ドラえもん のび太の宇宙開拓史

作品名 ドラえもん のび太の宇宙開拓史
放映年 1981年
泣き度 2.0 2.0
感動度 2.0 2.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 1.0 1.0
のび太の宇宙開拓史のあらすじ

のび太はジャイアンやスネ夫に、年上に独占されてしまった空き地を取り戻すよう追いかけまわされる日々を送る。

そんな中、超空間の乱れからのび太の部屋の畳と、コーヤコーヤ星の少年であるロップルの宇宙船の倉庫が繋がってしまう。その宇宙船やロップルはずっとのび太が見ていた不思議な夢とそっくりだった。

ロップルやウサギの姿をしたチャミーたちと出会い友達になったドラえもんたちは、コーヤコーヤ星を第2の遊び場とするようになる。

しかし「ガルタイト」という鉱石を独占しようとしているトカイトカイ星のガルタイト鉱業が、コーヤコーヤ星の住民たちを追い出してコーヤコーヤ星を手に入れようとしていることを知る。

ロップルたちはそのせいで、ガルタイト鉱業から嫌がらせを受けながら暮らしていたのだった。そのことを知ったドラえもんやのび太たちはロップルたちを守ろうと、ガルタイト鉱業と戦うことを決意する。

のび太たちはロップルやコーヤコーヤ星を守ることができるのか?

のび太の宇宙開拓史を見た私の口コミ

ジャイアンとスネ夫がめちゃくちゃ子どもっぽい感じが出てます。しずかちゃんの、のび太たちへの呼び方もちょっと違うんですよ!なので若干違和感があります(笑)

違う星に行くのがドラえもんの長編映画では多いのですが、その中でも面白くてかわいい動物がたくさん出てくる映画です♪前半はロップルとチャミーが多く出てきていて、終盤にしずかちゃんたち3人が活躍してくれるのですが、この5人の友情はやっぱり最高!

そして、のび太たちとロップルたちの時空を超えた友情にも胸が熱くなるものがあります。

のび太の宇宙開拓史を見た人の口コミ

動物たちだけの世界!?ドラえもん のび太とアニマル惑星

作品名 ドラえもん のび太とアニマル惑星
放映年 1990年
泣き度 1.0 1.0
感動度 1.0 1.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太とアニマル惑星のあらすじ
ある夜、のび太はピンクのもやをくぐってどこかの森にたどり着く。そこはなんと動物たちが人間のように話して暮らしている世界だった。このことをすぐに話すのび太だったが、しずかちゃん以外のみんなに馬鹿にされてしまう。

しかし森で拾った花を自分の部屋の前に落ちているのを見て、夢ではなかったことを確信する。そんな中、裏山がゴルフ場建設のため取り壊されようとしていることを知る。

その夜再び寝ぼけながらもピンクのもやに入ったのび太は暴風雨に襲われ、追いかけてきたドラえもんに助けられる。そこで夢じゃないことが分かった2人はその森で探検を始める。

そこでチッポという犬と出会い、友達になる。そこはなんと動物たちが住むアニマル星だった。

次の日裏山で再びピンクのもやを見つけた2人はしずかちゃんと遊びに行くが、ジャイアンやスネ夫もこっそり付いてきてしまう。しかし彼ら2人だけは違う場所にたどり着いてしまい、さまよう中アニマル星にたどり着く。

アニマル星を満喫した5人は消えかけているピンクのもやを潜り抜けなんとか無事に地球へ帰るが、ドラえもんの道具「糸なし電話」からチッポが助けを求めていることが分かり、再び宇宙救命ボートでアニマル星へと向かう。

なんとかチッポと会うことが出来たドラえもんたちだったが、そこで伝説の悪魔「ニムゲ」がアニマル星を手に入れようと攻め込んできたということが判明し、ドラえもんたちはアニマル星を守るために立ち上がる。

ドラえもんたちはニムゲからアニマル星を守ることができるのか?

のび太とアニマル惑星を見た私の口コミ

一見動物たちが喋って可愛い印象の映画ですが、実は地球環境がテーマになっているストーリーです。豊かに暮らすことばかりを考えてどんどん環境や文明を破壊していってる人間と、自然を大事にして豊かに生きている動物。

かなり奥が深いお話しになっています。特にニムゲが住む星は薄気味悪い風に描かれているのですが、このまま環境を破壊していくとこんな風になるのかな?なんて恐怖感が生まれます。

もちろん可愛いシーンも多く思わず笑ってしまうシーンも盛りだくさんですが、大人にこそじっくり見てほしい作品です。また、今回は裏山の環境を守るということでいつもよりママの登場シーンも多くなっています。

ちょっと難しい言葉が出てきたりしますが、大人目線でも描かれている素晴らしい作品です。

のび太とアニマル惑星を見た人口コミ

史上最大の家出から始まる冒険!ドラえもん のび太の日本誕生

作品名 ドラえもん のび太の日本誕生
放映年 1989年
泣き度 1.0 1.0
感動度 1.0 1.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太の日本誕生のあらすじ

叱られてばかりののび太はある日家出を決意する。しかしどこも私有地か国有地ばかりで、自分だけが住める土地が見つからず途方にくれる。

そんな中、のび太の家出を馬鹿にしていたドラえもんやジャイアン、スネ夫やしずかちゃんもそれぞれの事情で家出をすることに。

結局、7万年前の日本へと向かって最大の家出に出発する5人。自分たちの思い通りの世界をつくったドラえもんたちだったが、そのころ7万年の中国に住んでいた「ククル」という少年が時空乱流に巻き込まれて、ドラえもんたちの時代に現れる。

ククルと出会い、7万年前の中国にはすでに人が住んでいたことを知ったのび太たち。そしてククルの一族であるヒカリ族が、クラヤミ族と精霊王であるギガゾンビから襲撃を受けたことを知る。

ドラえもんたちはククルの家族やヒカリ族を救うため、再び7万年前へと冒険の旅に出かける。

果たしてドラえもんたちは無事にヒカリ族を助け出すことができるのか?

のび太の日本誕生を見た私の口コミ

ドラえもんとスネ夫の発言や行動にちょいちょい笑かされる映画です(笑)ストーリーとしては昔の世界が舞台となっていて、過激なシーンもないのでシンプルに楽しめます。

ドラえもんが道具でクラヤミ族と戦うシーンも割と面白くて、アニメとしてはかなりおすすめ!また、ジャイアンの友達思いなところもしっかり描かれています。

終盤にちょっと驚く&めちゃくちゃワクワクする展開が待っていて、最高なんです!のび太が創った動物たちも活躍するシーンもあり、そして最後にはちょっぴり泣いてしまうシーンが…。

エンディングテーマともマッチしているので、ドラえもん×歴史が見たい人には必見です!

のび太の日本誕生を見た人の口コミ

これぞドラえもん映画の始まり!ドラえもん のび太の恐竜

作品名 ドラえもん のび太の恐竜
放映年 1980年
泣き度 1.0 1.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 0 0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太の恐竜のあらすじ

のび太は相変わらずのスネ夫からティラノサウルスの爪の化石を自慢され、自分は「恐竜の化石を一匹分丸ごと発掘できる」と啖呵を切ってしまう。しかし偶然にも恐竜の卵を発見し、タイムふろしきを使って孵化させる。生まれた恐竜にピー助という名前を付けて可愛がるのび太だったが、ピー助はどんどん大きくなり、隠し通せなくなってしまう。

のび太に懐いていたピー助を元の時代へと送り届ける二人だったが、ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんに嘘だと疑われたのび太はタイムテレビでピー助の様子を見せることにする。

しかしそこにはピー助が他の恐竜からいじめられている姿が映っており、タイムマシンの故障で別の場所に送り届けてしまったことが発覚する。

すぐさま助けに行こうとする二人に、ジャイアンたちも無理やり付いてきてしまったせいでとうとうタイムマシンは完全に壊れてしまう。そんな中今度はピー助が恐竜ハンターから狙われてしまうことになり…。

のび太たちは無事にピー助を助けることができるのか?また、無事に元の時代へと帰ることができるのか?

のび太の恐竜を見た私の口コミ

この映画は幼いころずーっと見ていたので、本当に思い出があります。むしろ見すぎて「ここで出てくるよね。うんうん。」みたいな感じで冷静に分析するようになりました(笑)

でものび太とピー助がせっかく仲良くなれたのに、別れることになるシーンを見るのは今でも心が痛いです…。タイムマシンが壊れて帰れなくなるシーンにもヒヤヒヤしますし、のび太の恐竜はほかの映画と比べると比較的アニメとして楽しめる映画なんじゃないかな?と思います。

大人が見てももちろん面白いですが、たくさん恐竜が出てくるので子どもさんにはピッタリのストーリーです!

のび太の恐竜を見た人の口コミ

衝撃の事実が満載!ドラえもん のび太と翼の勇者たち

作品名 ドラえもん のび太と翼の勇者たち
放映年 2001年
泣き度 1.0 1.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太と翼の勇者たちのあらすじ

世界中の鳥たちが最近いなくなっているというニュースを聞いたは「鳥人間がさらった」と言い張るがジャイアンたちにバカにされる。

しかし出木杉君から「鳥人伝説」があることを聞いたのび太は、自分で翼をつくって裏山で飛ぶ練習を始める。

そんなときしずかちゃんのペット・カナリアのピーちゃんが逃げ出し、のび太が捕まえようとするが突如変な穴が現れピーちゃんが吸い込まれてしまう。

それと同時に穴の中から鳥人が飛び出してきて、のび太たちとぶつかる。そのグースケという名前の鳥人はバードピアからやってきた住人だった。

彼が乗ってきた飛行機の修理が終わり、バードピアに帰ろうとしていたところにこっそり見ていたジャイアンとスネ夫が襲い掛かり、二人はバードピアへと連れていかれてしまう。

急いで追いかけたドラえもんたちは「バードキャップ」で鳥人となり、ジャイアンたちと無事に合流することが出来る。

そしてグースケたちとともに、渡り鳥パトロール隊のイカロスレースに挑むことに。

一方人間を嫌う鳥人たちがカラス警備隊の長官ジーグリードを筆頭に、フェニキアという怪物を復活させ、人間に復讐しようとしていたのだった。

ドラえもんたちは伝説の勇者イカロスとともに、バードピアや地球を救うために立ち上がる。

のび太と翼の勇者たちを見た私の口コミ

珍しくのび太が努力するところから始まるお話しです(笑)しかもちょっとだけですが、出木杉君が出てくる数少ない映画になってるんですよ♪

私が大好きなのは途中からかぶるバードキャップのシーン。めっちゃ少しだけなのですが、めちゃくちゃ笑います(笑)

この映画も人間の身勝手さや、鳥の立場からみる人間についてが描かれている内容です。途中はわりと衝撃的な事実が明かされて、めちゃくちゃ見入ってしまいます。

可愛いキャラクターでとっても深い内容のお話しなので、ぜひ一度は見てみてほしい作品です。

のび太と翼の勇者たちを見た人の口コミ

かつてない冒険の物語!ドラえもん のび太の大魔境

作品名 ドラえもん のび太の大魔境
放映年 1982年
泣き度 2.0 2.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太の大魔境のあらすじ

ある夏休みの日、ジャイアンとスネ夫が「大冒険に出たい」と言い出す。はじめは困っていたのび太とドラえもんだったが、だんだん乗り気になり未だ発見されていない魔境を探すことに。

そんな最中、のび太は子犬を見つける。とあるきっかけで家で飼う許しを得て、その犬にペコと名付ける。

ひたすら衛星写真で魔境を探し続けるのび太たちだったが、ペコがその写真の中から巨神像が写ったものを見つける。さっそくその巨神像の謎を解くために冒険へと出発するのび太たち。

しかしせっかくの大冒険に道具を使いまくるドラえもんに腹を立てたジャイアンは、冒険に役立つ道具をすべて空き地に置いてきてしまう。

道具なしで悪戦苦闘している中で、なんと突然ペコが喋りだし、犬の国であるバウワンコ王国の王子様だということが判明。そのうえ、王国の大臣が人間の世界を侵略しようと企んでいる。

しかし、王国の戦士によると王家には「王国が危険に陥ったとき、10人の外国人が巨神像の力をもって国を救う」といういい伝えがあるらしい。

ドラえもんやのび太、合わせて5人の外国人しか揃っていないなか、巨神像へと向かう5人。

本当に予言の外国人は10人集まるのか?そしてバウワンコ王国と人間世界を救うことができるのか?

のび太の大魔境を見た私の口コミ

のび太の大魔境はリメイクされている作品なので見たことある人のほうが多いかもしれませんね。内容はほとんど同じなのですが、やっぱり私は旧作推しです(笑)

どこでもドアもちょっとデザインが施されていてめちゃくちゃドアっぽいんですよ!あと、ペコが喋り出すシーンには思わず笑います。めちゃくちゃ大人っぽいし、難しい言葉も喋ったりするんです(笑)

そしてこの作品は、とにかくジャイアンの横暴さが目立ちます。いつも映画だとめちゃくちゃいいやつなのですが、ジャイアンのせいで大変な目にあってしまうシーンが多々あって、若干孤立感が出てますね。

もちろん最後にはジャイアンの勇気に感動するのですが…。最後のシーンは音楽とめちゃくちゃマッチしてて涙なしでは見ることができません。友達を思いやる心とか、本当の勇気が学べる映画ですね。なかなか過激なシーンが多いので、小さい子が見ると少しびっくりしちゃうかもしれません。

ラストは「そういうこと~!?最高!」ってめちゃくちゃ良い気分で見終われることができます!(笑)

のび太の大魔境を見た人の口コミ

おもちゃだけの街で大冒険!ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

作品名 ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記
放映年 1997年
泣き度 1.0 1.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 2.0 2.0
のび太のねじ巻き都市冒険記のあらすじ

ある日、不思議な彗星が観測される。一方のび太はドラえもんの道具で動くようになった馬のおもちゃのパカポコと空き地で走りの練習をしていた。

スネ夫の挑発で「牧場を持っている」と嘘をついてしまったのび太は、ドラえもんの福引・小宇宙引き換え券のはずれ券を使って、自然がたくさんの星を引き当てる。

ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんを招待して「いのちのねじ」を使っておもちゃに命を吹き込み、ねじ巻き都市(シティー)をつくるのび太たち。

エッグハウスでタマゴコピーミラーを使って住人を増やしていたが、ある日ねじ巻き都市に暴風雨が起こり、その落雷のショックから生まれたのがなんと人の言葉をしゃべる「ピーブ」だった。

そんな中、熊虎鬼五郎という1人の脱獄犯がひょんなことからねじ巻き都市に忍び込む。タマゴコピーミラーを使って自分のクローンを増やした熊虎はねじ巻き都市を自分のものにしようとする。

ドラえもんたちは熊虎からねじ巻き都市を守ることができるのか?

のび太のねじ巻き都市冒険記を見た私の口コミ

もしかすると犯罪者が出てくる唯一のドラえもん映画かもしれません。リアルな恐怖感があるので、他のシリーズとはまたちょっと違っているという印象があります。

でも、おもちゃが動いたり喋ったりするのはめちゃくちゃ可愛いんですよ…!内容は主に地球環境のことがテーマになっていてかなり奥が深いです。

見ている側が考えさせられる話があるので、ぜひじっくりと見てほしい内容になっています。めちゃくちゃ面白いシーンもあれば、こわいと思うシーンもあったりなかなか刺激的なのですが、途中はまさかの展開で思わず鳥肌がたってしまいます。

そして声優さんの話になってしまうのですが、とあるキャラクターの声が絶対みんな一度は聞いたことがある人なのでますます要チェックです!ちょっぴりネタバレすると、銀河超特急のアイテムが出てくるので、ぜひ見つけてみてください♪

のび太のねじ巻き都市冒険記を見た人の口コミ

小さな友達を救うために大冒険!ドラえもん のび太の宇宙小戦争

作品名 ドラえもん のび太の宇宙小戦争
放映年 1985年
泣き度 2.0 2.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太の宇宙小戦争のあらすじ

ある日、のび太はジャイアン・スネ夫とプラモを使った映画の撮影をしていたがちょっとした失敗から仲間外れにされてしまう。仲間外れにされたのび太はドラえもんに泣きつき、道具を使ってしずかちゃんたちと人形劇アニメをつくることに。しかしその撮影中、しずかちゃんの人形のうさぎがいなくなり、小さなロケットのようなものを見つける。

そしてその夜、そのロケットに乗ってピリカ星からきたという小さな宇宙人であるパピという少年と出会う。スモールライトで小さくなって一緒に遊ぶのび太たち。一方スネ夫たちは撮影中にクジラそっくりの宇宙船のようなものでセットをめちゃくちゃに破壊されてしまう。

ドラえもんとのび太の仕業だと思った二人は、ドラえもんたちを責めるがそこでパピから、彼を追ってきた宇宙船であることを知らされる。

なんとパピはピリカ星の大統領で、そのクジラの宇宙船はパピと敵対しているギルモア政権のものだった。クーデターで抹殺されようとしていたパピは地球に亡命するために来ていたという事実が判明する。

その事実を知ったドラえもんたちは、しずかちゃんの家に隠してパピを守ろうとする。しかし居場所が見つかってしまい、たまたまスモールライトで小さくなっていたしずかちゃんが人質として連れ去られてしまう。

パピはしずかちゃんを救うために自らが犠牲となってしまったうえ、スモールライトを持ち去られたためドラえもんたちも元に戻れない。

連れ去られたパピを救うため、ドラえもんたちはパピの友達であるというロコロコとともに宇宙船に乗り込み、ピリカ星へと向かう。

果たしてドラえもんたちはパピを救うことができるのか?また、無事に元の大きさに戻ることができるのか?

のび太の宇宙小戦争を見た私の口コミ

この映画もかなり古いものになります。エンディングテーマを武田鉄矢さんが歌っているのですが、これがまためちゃくちゃ良いんです。途中、挿入歌としても使われていて、本当に感動します。

今回はスネ夫がめそめそするシーンが多いですが、それでもスネ夫がいたからこそストーリーが成り立っている感じですね。途中、ロコロコという犬が出てくるのですがめっちゃお喋りで本当に面白いんです(笑)

むしろ最後はこの犬のウザさのおかげで…って感じもあるのでぜひ注目して見てもらいたいキャラ!とにかく音楽と最高にマッチしていて歌詞がとても良いので合わせてチェックしてくださいね!

のび太の宇宙小戦争を見た人の口コミ

女同士の友情に泣くこと間違いなし!ドラえもん のび太と鉄人兵団

作品名 ドラえもん のび太と鉄人兵団
放映年 1986年
泣き度 2.0 2.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太と鉄人兵団のあらすじ

のび太はスネ夫に最新式のロボットを自慢されドラえもんに泣きつくが、喧嘩になってしまいドラえもんは北極へと行ってしまう。探しに追いかけたのび太はそこで巨大なロボットの足を拾う。

道具だと思ったのび太は持ち帰るが道具ではなく、どんどん庭に落ちてくるロボットの部品をお座敷釣り堀の鏡面世界で組み立て始める。「ザンダクロス」と名付けてしずかちゃんと遊んでいたドラえもんたちだったが、なんとそのロボットには恐ろしい兵器が組み込まれていたことが判明。

鏡面世界とロボットのことを秘密にすると約束した三人だったが、リルルという少女が現れ巨大ロボットを探していた。

うっかり口を滑らせてしまったのび太は鏡面世界へ案内し、コントローラーまで渡してしまう。また、お座敷釣り堀まで貸してしまったのび太は内緒にしておくことを約束させられる。

しかし実はリルルがロボットの惑星であるメカトピアから派遣されたスパイロボットで、地球侵略を企んでいることがわかる。

急いで逃げ出すドラえもんたちだったが、鏡面世界を無理やり広げようとしたザンダクロスのせいで入り口が爆発し、閉じられてしまう。

一見地球侵略を阻止できたように思えたが、ロボット兵団が地球へと向かっていることを知りスネ夫やジャイアンに協力を募る。

もともとのザンダクロスの知能を改造し、巨大ロボットを味方につけロボット兵団と戦おうとするのび太たちだったが…。

果たしてドラえもんたちは地球を救うことができるのか?

のび太と鉄人兵団を見た私の口コミ

この映画もリメイクされていますが、私はやはり旧作派ですね。わりと展開が早いのが特徴だと思います。単純なようで、じっくり見ると考えさせられる映画ですね。

今回はしずかちゃんとリルルの関係性がキーポイントになっていて、しずかちゃんの勇気や行動力を垣間見ることが出来ます。そして何と言っても注目してほしいのがスネ夫のロボットであるミクロス!

シリアスな場面が多いのに、このドラえもんによって喋れるようになったミクロスの存在で思わず笑い転げます(笑)ロボットと人間、それぞれの考え方や生き方、愚かさなどが描かれていてちょっぴり考えさせられる映画です。

しずかちゃんとリルルの二人には思わず泣いてしまうこと間違いなし!

のび太と鉄人兵団を見た人の口コミ

まさかの展開に驚くこと間違いなし!ドラえもん のび太とふしぎ風使い

作品名 ドラえもん のび太とふしぎ風使い
放映年 2003年
泣き度 3.0 3.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太とふしぎ風使いのあらすじ

台風が通り過ぎた次の日、のび太は台風の子どもと出会う。フー子と名付け「フリーサイズぬいぐるみカメラ」で身体をつくってあげて可愛がるのび太。

しかしどこでもドアで遊びに行っている最中に、突然洞窟に吸い込まれてしまう。

「風の村」という不思議な村に着いたのび太たちは、そこでテムジンという名の男の子たちと仲良くなるが、その村では嵐族という風の力を悪用する者たちと、風の力とともに生きる風の民が対立していたのだった。

ある日、嵐族が風の怪物「マフーガ」を復活させるために、フー子を奪おうと襲い掛かってくる。そのうえスネ夫が豹変し、嵐族のリーダーとしてやってくる。

なぜスネ夫は豹変したのか?嵐族がフー子を狙う理由は?

のび太とふしぎ風使いを見た私の口コミ

とにかくキャラクターが可愛い!フー子をはじめ、チャーミングなキャラクターがたっくさん出てきます!そして秘境や昔の物語が舞台になっているので、大人が見てもワクワクするような夢が詰まっている物語なんです!

今回はスネ夫の様子が豹変することで物語が進んでいくのですが、めっちゃ悪いです。ただの悪役(笑)いつもならのび太とジャイアンたちの友情が描かれているのですが、この映画ではスネ夫とのび太やジャイアンたちの友情が描かれています。

とりあえずジャイアンの頼もしさが半端じゃないです(笑)終盤のわりとシリアスなシーンにも笑うところがあったり、さすがはドラえもん!って感じ!

ただ、感動するシーンもたっぷりなので、必ずハンカチを準備して見たほうが良いです(笑)最後は思いもよらない展開が待ち受けているので、ぜひぜひ見てみてくださいね!

のび太とふしぎ風使いを見た人の口コミ

夢がたくさん詰まったストーリー!ドラえもん のび太と竜の騎士

作品名 ドラえもん のび太と竜の騎士
放映年 1987年
泣き度 2.0 2.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 3.0 3.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太と竜の騎士のあらすじ

恐竜の生き残りがいまだにいると信じているのび太は、ジャイアンやスネ夫に馬鹿にされる。ドラえもんの道具である「〇×うらない」で調べてみても恐竜はいないと判定されてしまう。

ところがある日スネ夫は近所の多奈川で巨大生物を見て、それが恐竜ではないかと考える。しかし考えすぎのあまりノイローゼになってしまう。一方のび太はテストを隠すために「どこでもホール」という道具を使ってテストを隠そうとする。

そこで地底の大空洞を見つけ、ジャイアンたちも誘って大空洞で遊ぶようになる。しかしスネ夫だけは恐竜の真相を探ろうと一人迷子になってしまう。そのうえ「どこでもホール」がトラックにひかれて破壊される。

二度とスネ夫とは会えないと思った4人だったが、なんと多奈川とのび太たちが遊んでいた地底の大空洞が繋がっていることが判明しスネ夫を探しに行くことに。

しかしそこで大きな恐竜を発見し、竜の騎士であるバンホーと出会う。彼はトロオドンという恐竜から進化した恐竜人で、地中で文明を築き上げている種族だった。

バンホーのおかげで無事スネ夫と再会することが出来たドラえもんたちだったが、なんと恐竜人たちが恐竜の滅亡を回避するため、地上を自分たちのものにしようと企んでいることが判明する。

ドラえもんたちは無事に地上へと戻ることができるのか?そして恐竜人から地上世界を守ることができるのか?

のび太と竜の騎士を見た私の口コミ

最後まで見ないと全体的にホラー感を感じてしまうストーリーです。初めてみたときはゾワーっとしましたが、最後まで見るとしっかり理解することが出来ます(笑)

今回はスネ夫がメインでお話しが動いていくので、いつものジャイアンとスネ夫の名コンビシーンは少なめ。内容としては本当にシンプルに楽しめるようになっていて、ドラえもんたちの優しさが全面的に押し出されています。

とりあえず恐竜人のバンホーさんがスマートで格好いいので、何度も見たくなる映画ですね(笑)

ネタバレになってしまうので詳細は言えませんが、最後は結構感動しちゃいます。地中世界があるというロマンあるお話しなので、何度見ても楽しめるストーリーです!

のび太と竜の騎士を見た人の口コミ

未だ謎に包まれた場所への大冒険!ドラえもん のび太の海底鬼岩城

作品名 ドラえもん のび太の海底鬼岩城
放映年 1983年
泣き度 3.0 3.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 3.0 3.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太の海底鬼岩城のあらすじ

夏休み、のび太たちは山か海のどちらへ遊びに行くのか揉めていたところ、ドラえもんの提案で海底山脈へとキャンプをしに遊びに行くことに。そんな中バミューダトライアングルで金塊を積んでいた沈没船が発見される…。

のび太の宿題が進まずなかなか出発することが出来なかったが、しずかちゃんたち3人に教えてもらいながらなんとか宿題を終えることができる。

テキオー灯(どんな場所でも適応する身体になれる道具)を浴びて、ドラえもんの道具である水中バギーでキャンプへと向かっていた5人だったが、ジャイアンとスネ夫はバミューダ海域にばかり行きたがる。

とうとう二人で勝手にバギーに乗ってバミューダ海域へと出発した二人だったが、テキオー灯の効果が切れてしまう。しかしなんとか無事だった二人はドラえもんたちと再会する。

そのあと、バギーが録画していた映像でジャイアンたちを助けてくれた海底人の存在を知り、再び危ないところを助けてもらったことから海底人のエルと出会う。

そこで滅亡した海底国家のアトランティスに残された自動報復装置であるポセイドンが、海底火山の影響のせいで再び活動を始めたことを知る。このポセイドンによって鬼角弾が発射すれば海底世界だけでなく全地球が滅亡してしまうという事実が発覚する。

果たしてドラえもんたちはポセイドンの鬼角弾を止めて、海底と地球の運命を救うことができるのか?

のび太の海底鬼岩城を見た私の口コミ

ドラえもん映画の中でも特に夢のあるストーリーです。未だ多くの謎に包まれているバミューダ海域の話で、食事やキャンプのシーンにはとっても羨ましくなります。

そしてとにかくバギーが面白い!道具の中では珍しくしっかりと意思を持っていて、めちゃくちゃ喋るし生意気です(笑)でもこのバギーがいないと物語が成り立たないっていうのがミソですね。人間らしい部分とロボットらしい意思を持ったバギーには考えさせられるものがあります。

また物語はしずかちゃんがカギを握っていて、彼女の芯の強さを見せつけられるお話しです。ただ、ホラー要素というか怖いシーンが多く、また大人が見ると違った意味で怖く感じてしまう台詞なんかもあります。

普段はあまり目立たないしずかちゃんの勇気を見たいなら絶対に見てほしい映画です…!

のび太の海底鬼岩城を見た人の口コミ

歴史が変わる!?ドラえもん のび太のパラレル西遊記

作品名 ドラえもん のび太のパラレル西遊記
放映年 1988年
泣き度 3.0 3.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 3.0 3.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太のパラレル西遊記のあらすじ

学校で西遊記の劇をやることになったのび太。孫悟空の役をやりたがっていたが、結局、出木杉君が演じることになる。

孫悟空の存在を信じているのび太は「孫悟空の役は本人に似ている人がするべきだ」と言ってタイムマシンに乗って孫悟空を探しに行く。

そこで実際に孫悟空の姿を発見したのび太は、ジャイアンたちに報告するが嘘をついていると言われ、「もし本当にいなかったらドラえもんの道具使い放題」という約束をさせられる。

なんとかドラえもんの道具「ヒーローマシン」を使って孫悟空になりきり誤魔化そうとしたのび太だったが、結局ばれてしまう。

ドラえもんは勝手に道具を使い放題という約束をしていたことに怒り、2人は喧嘩になる。しかし、現代に帰ったところなんとのび太たち以外はみんな妖怪になってしまっていた。

ヒーローマシンを昔の時代で使い起動状態にしてしまっていたため、ゲームの「西遊記」から妖怪たちが出てきてしまって三蔵法師を殺し歴史を変えていたのであった。

のび太たちは歴史を元に戻すためヒーローマシンで西遊記の格好に変身し、再び昔の時代へと戻ることに。

ドラえもんたちは歴史を元に戻すことができるのか?

のび太のパラレル西遊記を見た私の口コミ

正直言って、この映画はかなり怖い!映像がとにかく怖い!(笑)妖怪が出てくるシーンはもちろん、妖怪たちに支配されている世界が怖すぎます。

実際に存在したと言われる三蔵法師様が出てきたり、夢はあるのですが、妖怪たちが容赦なさすぎて本気で怖いです。途中で流れる音楽も最初は何にも思わないのですが、ストーリーが進むごとにそれすら怖くなってきちゃいます。

歴史が変わっているので、劇の内容も変わっているし周りもみんな妖怪になってしまっているので、本当に味方がいないって感じです。

若干のネタバレになってしまいますが、途中から出てくるリンレイという男の子が最後に下した決断には少し考えさせられるものがあります。また、ドラミちゃんが出てくる数少ない映画なんですよ!

エンディングテーマもストーリーとマッチしていてとってもおすすめなので、初めての人はぜひ誰かと一緒に見てみてくださいね!

のび太のパラレル西遊記を見た人の口コミ

今度は宇宙で大冒険!ドラえもん のび太の宇宙漂流記

作品名 ドラえもん のび太の宇宙漂流記
放映年 1999年
泣き度 3.0 3.0
感動度 3.0 3.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 3.0 3.0
のび太の宇宙漂流記のあらすじ

スネ夫に宇宙旅行のチケットを自慢されたのび太は、ドラえもんに今すぐ宇宙旅行に連れて行ってもらうようお願いする。

しかしそんなことが出来るわけもなく「スタークラッシュゲーム」という未来の道具で遊び始める。

ジャイアンとスネ夫にゲームで負けたドラえもんたちは、「お座敷宇宙船」という道具を使って部屋を無重力状態にして遊ぶが、道具の故障で家中がめちゃくちゃになってしまう。

ママに怒られて部屋を片付けるドラえもんたちだったが、そのときに間違えて「スタークラッシュゲーム」も捨てられてしまう。

慌ててゲームを探しに行くが、すでになくなっており「おくれカメラ」を使って写してみると、謎の光がゲームを裏山まで運んでいたのだった。

裏山でも写真を撮影するとなんとUFOが写っており、ゲームはジャイアンたちが入ったまま持って行かれてしまっていた。

そこで見つけた不思議な石を手掛かりに、ジャイアンたちを探しに行くために「宇宙救命ボート」で追いかける。

ドラえもんたちは無事にジャイアンとスネ夫を救うことができるのか?

のび太の宇宙漂流記を見た私の口コミ

これもかなり好きなストーリーなのですが、途中めちゃくちゃ気持ち悪い宇宙人のようなものが出てきます。もはや妖怪です(笑)その部分を省くと、キャラクターもかわいいし、見ていてめちゃくちゃ面白いです!

かつて綺麗だった星が汚染されてしまったために宇宙空間に住んでいる宇宙の少年たちと出会うのび太たち。

実はこのストーリーも地球環境などがテーマになっています。やっぱり奥が深いです。ほかにもノストラダムスの大予言に出てくるキャラクター?が出てきたり…。とにかく内容が最高で、何度見ても泣いちゃうんですよね。

宇宙がテーマなので子どもにもピッタリで、環境問題についても描かれているので、ぜひ大人の人にも見てほしい内容です!

のび太の宇宙漂流記を見た人の口コミ

17世紀の海で大冒険!ドラえもん のび太の南海大冒険

作品名 ドラえもん のび太の南海大冒険
放映年 1998年
泣き度 3.0 3.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 4.0 4.0
のび太の南海大冒険のあらすじ

夏休みの自由研究をするのび太やジャイアンたちだったが、「宝島」の本を読んだのび太はドラえもんに頼んで宝探しをしに旅に出ようとする。

乗り気ではなかったドラえもんだったが、のび太が一発で宝島を引き当てたことから、全員で宝探しへと出発する。

途中本物の海賊船を見かけたのび太はすぐに報告するが、勘違いだとバカにされる。

そうこう言いながらも海賊ごっこを続ける5人の前に突然、海坊主の化け物が現れ、時空の乱れから17世紀のカリブ海へとワープしてしまう。

そこで海賊船とぶつかりキャプテン・キッドに助けられるが、ドラえもんはポケットをなくし、のび太だけが行方不明となってしまう。

一方のび太は無人島へと流れ着き、そこでジャックという少年とのび太を助けたルフィンというピンクのイルカと出会う。

ドラえもんたちは無事にのび太を見つけることができるのか?

のび太の南海大冒険を見た私の口コミ

これも大好きな映画の一つ!というより、南海大冒険に出てくるキッドさんが大好きなんです(笑)めっちゃワイルドでドラえもんの中にはなかなかいないキャラだと思います。

そんなことはさておき、内容が最高ですね!まさかの海賊と共闘するっていうところや、謎に包まれた宝島。しかも突然ワープしちゃうなんて、めちゃくちゃ夢がありませんか!?

個人的な見どころは、のび太がドラえもんたちとはぐれてしまうシーン。ここでもジャイアンの仲間思いの部分が出ていて、ちょっとウルウルします。

この映画はエンディングでもちょっぴりストーリーが続いているので、ぜひ最後の音楽が終わるまで見届けてほしいです!

のび太の南海大冒険を見た人の口コミ

ドラえもんなしの物語!?ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)

作品名 ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)
放映年 1993年
泣き度 3.0 3.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 4.0 4.0
のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)のあらすじ

ある日の夜中、寝ぼけたのび太のパパが偶然夜中に見たTVで海水浴とスキーが同時に楽しめるというブリキンホテルを予約する。毎年旅行に行けなかったのび太は大喜びでジャイアンやスネ夫、しずかちゃんに自慢する。しかしそれが寝ぼけたパパの夢だと知り落胆する。ドラえもんに頼るのび太だが、いつも道具に頼ってばかりののび太にあきれ返るドラえもん。

しかし次の日家に帰ると玄関には見知らぬトランクが…。開けてみると門が出現し、そこを通り抜けるとなんとそこはブリキンホテルがあるブリキン島だった。

ドラえもんと一緒にブリキン島を楽しむのび太だったがまた道具に頼り、喧嘩したままそのまま離れ離れになってしまう。

一人ホテルに戻ったのび太は「決して入るな」と言われていたホテルの地下室に足を運ぶが、不気味な扉と出会い、急いで自分の家に帰り二度と島には近づかないと決める。

しかし家に帰ってもドラえもんは帰ってこず、ジャイアンやスネ夫にも「旅行は嘘だ」と責められる。そんなのび太をかばってくれるしずかちゃんだったが、今度は彼女が責められてしまい、のび太は3人をブリキン島へと連れていくことに…。

ブリキン島を楽しんでいた4人だったが、突然襲撃を受ける。そこでドラえもんが連れ去られたことが分かり、4人は救出することを決意する。

そんなとき突然ブリキン島が動き出し、チャモチャ星からやってきたというサピオという少年に、ドラえもんを連れ去った犯人を教えられる。

なんとそれはサピオを捕まえようとやってきたチャモチャ星のロボット軍隊で、彼は自分の星を救ってほしいと願い出る。

のび太たちはドラえもんとチャモチャ星を救うために新たなる冒険へと出る。

ドラえもんの道具なしでのび太たちはすべてを救うことができるのか?

のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)を見た私の感想

シリーズの中では唯一ドラえもんなしで始まる冒険なのですが、のび太たち4人の絆には本当に涙がでます。始めはめちゃくちゃいじわるなジャイアンとスネ夫が、ドラえもんのために奮闘する姿には感激(笑)

爆発などの過激なシーンが多いので子どもは驚いてしまうかもしれませんが、おもちゃが動いてしゃべるっていうのはなかなか魅力的!

なんでもロボット任せになってきているこの時代にこそ、見てみてほしい作品です。途中、のび太たちがサピオという少年に「君たちはチャモチャ星の人類を守るために戦うのです」と言われるシーンがあるのですが、それには正直「知らんがな」という感想が出ました(笑)

のび太たち関係ないのに…って見てる私はそう思うのですが、さすが心優しい彼ら!チャモチャ星を救う約束をしてくれるんです(笑)初めての道具なしでの大冒険、頑張るのび太たちの姿に心打たれますよ!

のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)を見た人の口コミ

時空を超えた友情に泣くこと間違いなし!ドラえもん のび太の太陽王伝説

作品名 ドラえもん のび太の太陽王伝説
放映年 2000年
泣き度 4.0 4.0
感動度 4.0 4.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 4.0 4.0
のび太の太陽王伝説のあらすじ

学芸会のために白雪姫の練習をするのび太たちだったが、ジャイアンとスネ夫が途中で帰ってしまう。その際、練習で使っていた「万能舞台セット」をジャイアンに持って行かれてしまう。

ドラえもんが「タイムホール」を使って取り戻そうとするが、道具の故障で全く違う場所繋がり、そこからポポルという不思議な生き物が飛び出してくる。

0点のテストをとられたのび太が追いかけると、ジャングルとつながっており、そこでのび太そっくりのティオという少年と出会う。

マヤナ国の王子であるティオはドラえもんたちの世界の文明に興味を示し、のび太と入れ替わって生活することに。

入れ替わった二人は慣れない生活でいろいろなハプニングを起こすが、ある日しずかちゃんが様子がおかしいのび太に不信感を抱いたことから、ジャイアンたちにも本当のことを話す。

全員でマヤナ国に遊びに行くことになったが、その矢先、ティオに使える少女のククが闇の魔女・レディナに連れ去られる。

「一人で来い」と言われたティオだったが、事情を知ったのび太たちと協力してククを助けに行くことに…。

ドラえもんたちはレディナを倒し、ククを助け出すことができるのか?

のび太の太陽王伝説を見た私の口コミ

この映画は私がはじめて映画館で見たもので、めちゃくちゃ思い出があります。ほかにものび太が活躍してるストーリーは多数ありますが、その中でものび太の良さが全面的に押し出されている映画です。

友情について深く描かれていて、のび太の考え方や優しさには思わず涙が出ます。

横暴だったティオがのび太たちと関わることで、思いやりや友達について学んでいく姿は何度見ても最高で、見ている私が勉強になるような内容です。しかも音楽も涙を誘う音程や歌詞なので、途中、感動するシーンで流れ出すとめちゃくちゃ泣きます(笑)

時空を超えた友情に感動すること間違いなし!

のび太の太陽王伝説を見た人の口コミ

宇宙旅行への大冒険!ドラえもん のび太と銀河超特急

作品名 ドラえもん のび太と銀河超特急
放映年 1996年
泣き度 2.0 2.0
感動度 2.0 2.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 4.0 4.0
のび太と銀河超特急のあらすじ

ミステリー列車のチケットを3枚手に入れたスネ夫はのび太だけ仲間外れにし、自慢する。しかしのび太はドラえもんを探していてそれどころではなかった。

落ち込みながら家に帰るとドラえもんが帰ってきていて、22世紀で話題のどこの星に行くかはわからない銀河ミステリーツアーのチケットを手に入れたという。

自慢するのび太に、結局一緒に行くことになるしずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の3人。

ミステリー列車に乗り込むと、そこには銀河が広がっていてミステリー列車を楽しむ5人だったが、突然宇宙盗賊団に襲われどこかの星に不時着してしまう。

しかしそこは宇宙の遊園地「ドリーマーズランド」だった。遊園地を楽しんでいたが、突然謎の生命体である「ヤドリ」が現れ人間を支配しようとしていることが判明する。

ドラえもんたちは無事に地球へ帰ることができるのか?

のび太と銀河超特急を見た私の口コミ

この映画も大好きなストーリーのうちの一つ!全員にほどよく出番があるのですが、やっぱり主人公!のび太がなかなか良い感じで活躍してくれます。

のび太が射撃の天才だってことは有名な話ですが、それが思わぬところで役に立つんです…!また、ドリーマーズランドはいくつかの星で構成されていて、星ごとに時代が違う世界を楽しめるという夢が詰まったお話し。

途中に未来からきたいじわるな子どもたちが3人出てくるのですが、その子たちもまた良い味出してるんですよ~(笑)むしろこの3人のおかげで笑っちゃうシーンとかが多数あります。

幼いころは何度も夢中になって見た作品、宇宙への冒険という世界観が好きな人にめちゃくちゃおすすめです!

のび太と銀河超特急を見た人の口コミ

気味の悪さがクセになる!ドラえもん のび太と夢幻三剣士

作品名 ドラえもん のび太と夢幻三剣士
放映年 1994年
泣き度 0.0
感動度 0.0
ホラー度 5.0 5.0
また見たくなる度 5.0 5.0
のび太と夢幻三剣士のあらすじ

夢で自分がヒーローになる夢を見たのび太は、ドラえもんにせめて夢の中だけでもヒーローでいたいと泣きつく。

ドラえもんには「もっと現実の世界で頑張らないとダメだよ!」と怒られてしまうのび太だったが、結局カセットをいれると自分の好きな夢を見ることのできる「気ままに夢見る機」という道具を出してもらう。

翌日、のび太が裏山でし忘れた宿題をやっていると、変な老人が現れて「知恵の木の実」くれる。そして去り際に「あなたはもっとすごい力が手に入る。ただし、夢幻三剣士の世界でのことだが」と言い残し去っていく。

結局のび太はその知恵の木の実のおかげで無事に宿題を終えることができる。

家に帰ったのび太「夢幻三剣士」が気ままに夢見る機のカセットだということを知り、ドラえもんにカセットを買ってもらうことに。

その夢幻三剣士とは、伝説の剣士になり「妖霊大帝オドローム」からユメミル国を守るという物語だった。

しかし夢が進むに連れて、これがただの夢の物語ではないことがわかる…。

のび太と夢幻三剣士を見た私の口コミ

実はドラえもん映画の中で1番「考察」が多い作品。詳しく話すとネタバレになってしまうので出来ませんが、とにかく最後の終わり方がちょっと気持ち悪い感じなんです。

ホラーと言えば良いのかなんと言えば良いのか、奇妙な終わり方をしています。正直言って2~3回ではなかなか理解できません。

私は台詞も音楽もほとんど覚えるまで見ているのですが、未だに理解しきれないところがあります(笑)しかもシリーズ初全員が揃っていないままエンディングを迎えるストーリーで、結局解決しているのかしていないのかさえ分からない作品。

さらにドラえもんシリーズの中で唯一主人公が○○お話し…。これは見てからのお楽しみでお願いします(笑)

怖いシーンもありますが、内容は本当にめちゃくちゃ面白いんです!音楽も最高で、挿入歌はドラえもんシリーズの冒険にぴったり!じっくりと考察しながら見たい!という人にはダントツでおすすめのドラえもん映画です♪

のび太と夢幻三剣士を見た人の口コミ

ペットがいるなら泣くこと間違いなし!ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

作品名 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝
放映年 2004年
泣き度 5.0 5.0
感動度 5.0 5.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 5.0 5.0
のび太のワンニャン時空伝のあらすじ

ある日のび太は川で溺れかけていた犬を助けたことから、「イチ」と名付けこっそり家で飼うようになる。

頭も良く懐いてくれるイチとどんどん仲良くなり、のび太の思い出が詰まった「けん玉」も見つける。

ある日のび太はしずかちゃんやジャイアン、スネ夫とともに、人間の勝手で捨てられてしまった犬や猫を連れてタイムマシーンで3億年前の世界へと向かう。

そこでドラえもんの「進化・退化光線銃」という道具を使ってイチを進化させ、「無料フード製造機」や「けん玉」の使い方を教える。

「明日、必ず来るからね」と約束して帰ったのび太たち。しかし、「ねじれゾーン」に巻き込まれてしまったために、イチを置いてきた時代より1000年後の世界についてしまう。

タイムマシーンが故障し途方に暮れる中、そこには進化した犬や猫による世界が広がっていた。

そしてその世界でダクやブルタローといった動物、そしてイチとそっくりなハチと出会う。

ドラえもんたちは無事にタイムマシーンを直してイチに会いに行くことができるのか?

のび太のワンニャン時空伝を見た私の口コミ

この映画もかなり泣けます。むしろ涙なしには見れません。毎回号泣します。実はドラえもん映画の中で唯一オープニングの、のび太の「ドラえも~ん!」のあとに「のび太く~ん!」という返事があるんですよ!笑

そして声優さんが交代する前の最後の映画でもあります。そのためか、さらに感慨深い気持ちで見てしまう映画なんですよね。

さて、この映画ですが、時空を超える絆のストーリーに泣かない人とかいるの?ってレベルです(笑)また人間は自分たちが豊かに暮らすことばかり考えて、動物たちの生きている場所を奪っているんだな…と考えさせられるような内容。

ドラえもんにはそういったテーマの映画が多いのですが、ワンニャン時空伝はその中でもまだフラットに見れる映画ではないかと思います。

自分自身、家族に猫がいて、また捨て猫だった子を拾っていたという共通点もあり、何度も見返して何度も泣いている映画です。特にこの映画で猫が出てくると無条件で号泣してます(笑)ペットと一緒に住んでいる人には、ぜひ見て一度考えてみてほしい作品です。

のび太のワンニャン時空伝を見た人の口コミ

大人にこそ見てほしい映画!ドラえもん のび太と雲の王国

作品名 ドラえもん のび太と雲の王国
放映年 1992年
泣き度 5.0 5.0
感動度 5.0 5.0
ホラー度 2.0 2.0
また見たくなる度 5.0 5.0
のび太と雲の王国のあらすじ

この世には本当に天国があると信じていたのび太はジャイアンやスネ夫に馬鹿にされ、ドラえもんとともに雲の上に王国を建設することを決める。様々なハプニングがありながらも、ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんの協力もあり雲の王国は完成する。

しかし雲の王国で遊んでいるとき偶然にも、本当に雲の上に住む天上人の世界があることを知る。さらにそこには、なんとすでに地球では絶滅した動物ばかりが住んでおり、ドラえもんたち5人は驚愕する。

監察員である天上人のパルパルに保護された5人だったが、偶然にも天上人がノア計画という【動植物や地上人を天上界に避難させ、大洪水で地上文明のすべてを洗い流して破壊する】といった恐ろしい計画をしていることをしってしまう。

逃げ出そうとする5人だったがうまくはいかず、さらにはドラえもんの故障が起こってしまう…。

5人はその恐ろしいノア計画を阻止することができるのか?

のび太と雲の王国を見た私の口コミ

めっちゃ泣きます、めちゃくちゃ泣きますこの映画。かなり奥が深いストーリーです。実はこの映画は地球環境がテーマになっていて、すべてを理解するには何度か見ないと少し内容が難しいかもしれません。

幼いころ見たときは「雲の上に住んでみたいな~」なんていう感想しか出てきませんでしたが、年齢を重ねるごとに私たちのこれからの生き方を考えないといけないのだろうな、という気持ちになります。地球環境のことなんて普段考えもしませんが、人間は豊かさばかりを求めていて、いま住んでいる地球を疎かにしているのではないか?と考えさせられる内容です。

ピンチの中でのドラえもんの故障もヒヤヒヤしますし、子どもだとちょっとびっくりしちゃうような怖いシーンも少しあります。でも本当に涙なしでは見られない素晴らしい映画です。大人になってからこそ見てほしい映画の一つ。

まだ見たことないという方にはぜひ一度見てみてくださいね!

のび太と雲の王国を見た人の口コミ

時空を超えた友情に泣くこと間違いなし!ドラえもん のび太とロボット王国

作品名 ドラえもん のび太とロボット王国
放映年 2002年
泣き度 5.0 5.0
感動度 5.0 5.0
ホラー度 3.0 3.0
また見たくなる度 5.0 5.0
のび太とロボット王国のあらすじ

相変わらずのスネ夫に新型ロボット「アソボ」を自慢されたのび太は、ドラえもんに泣きつくが「僕という猫型ロボットがいるじゃないか!」と怒られてしまう。

しかしのび太はあきらめきれず、未来デパートから大量のペットロボットを注文するが、のび太の言う事を聞かずに町で暴れだしてしまう。

ドラえもんが急いで返却することになるが、「ポコ」という少年型ロボットだけが取り残される。調べてみると、地球で作られたロボットではなく、未来デパートからやってくる途中に超空間に紛れ込んでしまったロボットだった。

ポコを元の世界に戻すために出発するドラえもんたちだったが、到着した場所はなんと異星の「ロボット王国(キングダム)」だった。

しかしその世界では、ロボットから感情を抜き取ってただの奴隷として使う「ロボット改造命令」が行われていた。

ポコはその追っ手から母のマリアと逃げている最中に超空間に紛れてしまったということが判明する。

ロボット王国に帰ったポコはマリアを助けるために飛び出すが、追っ手から追われることになり、ドラえもんが捕まってしまう。

なぜロボット改造命令が出されているのか?そしてのび太たちはドラえもんを助け出すことができるのか?

のび太とロボット王国を見た私の口コミ

この映画はトップ3に入るくらい泣きます。本当に号泣です。というのもロボットと人間の絆がメインに描かれているお話しで、ドラえもんで言うと、のび太とドラえもんの関係ですよね。なので、それを考えると涙せずにはいられないというか…。

最後のシーンはネタバレになってしまうので詳しく言えませんが、とんでもない展開が待ち受けています。その場面は何回見ても、展開が分かっていても号泣するレベル。

他の映画でも泣く要素はたくさんあるのですが、この映画は特にドラえもんとのび太の友情に注目してほしいです。本当に見ないと損です!!!

のび太とロボット王国を見た人の口コミ

音楽もストーリーも最高!ドラえもん のび太のドラビアンナイト

作品名 ドラえもん のび太のドラビアンナイト
放映年 1991年
泣き度 5.0 5.0
感動度 5.0 5.0
ホラー度 1.0 1.0
また見たくなる度 10.010.0 10.0
のび太のドラビアンナイトのあらすじ

バグダッドを舞台にしたアラビアンナイトモチーフのお話しです。ある日のび太はドラえもんのひみつ道具である【絵本入りこみぐつ】でシンドバッドの冒険の世界を楽しんでいた。スネ夫やジャイアン、しずかちゃんも一緒に入りこんで楽しんでいたが、しずかちゃんは靴をなくして一人絵本の中に取り残されてしまうことに…。

すぐに助け出そうとするドラえもんとのび太だったが、ママが本を燃やしてしまったせいで助ける術をなくしてしまう。しかし、アラビアンナイトには実在の人物が出ていることから、現実の世界とつながりがあるのではと考え、ドラえもんは歴史を調べ始める。

その調査をもとに、ドラえもんたち4人は時間旅行社のミクジンとともに794年のバグダッドへと、しずかちゃんを探す旅に出かける。現実の世界と空想の世界が交差する、ドラえもんたちの新たな大冒険が始まる!

のび太のドラビアンナイトを見た私の口コミ

ドラビアンナイトは本当に最高。この一言に尽きます。絵本のなかにいるしずかちゃんを、現実世界にいるドラえもんやのび太たちが助けにいく…というストーリーなのですが、大人が見てもかなり夢があるお話しですよね。絵本で見ていた人物が過去には存在していて、さらにはその世界へと友達を助けにいくなんて時代を超えた冒険ストーリー、感動しないはずがありません。笑

様々なハプニングがある中でしっかりと協力しあい乗り越えていくのび太たち、そのとき流れる挿入歌【夢のゆくえ】がまたいい味を出してるんです…!この音楽が流れてくるときには自然と涙が出てきてしまうくらいピッタリ!!!

また、映画になるとめちゃくちゃ良いやつになるジャイアンですが、この映画でも良い人ぶりを存分に発揮してくれています!笑

もちろん面白いシーンも盛りだくさんで、何回見ても同じシーンに笑ってしまいます(笑)ファンタジー要素が多めなので子どもでも楽しめて、また仲間内での協力や考えさせられる場面が多数で大人にもピッタリ、こんな素晴らしい映画ほかにはありません!!!

のび太のドラビアンナイトを見た人の口コミ

まとめ

やっぱりドラえもんの映画の醍醐味といえば、のび太たち5人全員が力を合わせて困難を乗り越えていくところ!

なので今回のランキングでは協力している姿が多いものが上位にきています。

ですが、ドラえもん映画は本当に全部最高です。

笑うところもあって、大人が見てもしっかりと考えさせられる要素があって、そしてちょっと泣いちゃう場面なんかも盛りだくさん。

「明日からまた頑張りたいな」と思ったら見てほしい映画です。

⇒ ドラえもんのおすすめ映画TOP3をもう一度チェックする!

アクセスランキング ACCESS RANKING